Acompany ニュースレター 4/19 号

Acompany ニュースレター 4/19 号

こんにちは。Acompany ニュースレターを毎週配信しております、赤尾です。

先週は、MPCをサービスに用いている企業が、他分野のサービスを提供する企業との提携を発表したニュースが2件届きました。

先週のニュースのダイジェストをお伝えします。

  • MPC技術に支えられた北京国際ビッグデータ取引所が設立

  • ブロックチェーンサービスを提供するLitentryが、MPC技術を持つARPAとの技術提携を発表

  • MPCなどを用いた生体認証サービスを提供するKEYLESSが、Microsoft・OneLogin・Auth0との提携を発表し、300万米ドルの調達を達成

それでは、今週のAcompany ニュースレターをご覧ください。

北京国際ビッグデータ取引所が設立

中国の首都・北京に、北京国際ビッグデータ取引所(The Beijing International Big Data Exchange)が、中国のデジタル経済発展のための強固なインフラ基盤を築くことを目的として、設立されました。

MPC技術に支えられている北京国際ビッグデータ取引所は、データ取引における問題を解決する際の主導権を握り、データ漏洩など、データの乱用による問題の解決に寄与することが期待されています。

http://www.china.org.cn/business/2021-04/09/content_77392083.htm

LitentryがARPAとの技術提携を発表

ブロックチェーンを用いたサービスを提供するLitentryは、プライバシーを保護する計算ネットワークを提供するARPAと技術提携をすることを発表しました。

Litentryが提供するサービスの特性上、ユーザーのプライバシーを保護し、データの安全性を保証することは最優先事項です。

今回の提携によりLitentryは、ARPAが持つ最先端のMPC技術を活用して、ユーザーのプライバシーを守りながらデータの分析を行うことを目的としています。

また、ブロックチェーンとMPCの組み合わせは、ユーザーのデータやプライバシーを守るための、優れたソリューションであると考えられています。

LitentryとARPAの技術提携に続いて、ブロックチェーンとMPCを組み合わせた技術が世界中で盛んに行われるでしょう。

https://medium.com/intelay-japan/litentryがarpaと提携-分散型データセキュリティを強化-958a84d38593

KEYLESSがMicrosoft・OneLogin・Auth0との提携を発表し、300万米ドルの調達を達成

イギリス・ロンドンを拠点とし、プライバシーを強化した生体認証とアイデンティティ管理(IAM)を行うKEYLESSは、アイデンティティ管理の世界的なリーダーであるMicrosoft Azure AD B2C、OneLogin、およびAuth0とのパートナーシップを発表しました。

提供するサービスにゼロ知識証明やMPCを用いているKEYLESSは、今回のパートナーシップが、より安全で、プライバシー第一の生体認証ソリューションを提供することに役立つと考えています。

また、300万米ドルの資金調達を達成したため、KEYLESSの生体認証技術のさらなる発展に期待が高まります。

https://www.prnewswire.com/news-releases/keyless-partners-with-leading-iam-vendors-to-help-accelerate-adoption-of-next-gen-biometrics-and-brings-funding-total-to-usd-9-2-million-888405667.html