Acompany ニュースレター 2/1号

Acompany ニュースレター 2/1号

こんにちは。Acompany ニュースレターを毎週配信しております、五十川です。

今週は秘密計算ソリューションを提供する企業のプロダクトリリースやパートナーシップの発表がありました。

今週のニュースレターをダイジェストでお届けします。

  • サイバーセキュリティのKeylessが、Microsoft Azure ADとのパートナーシップを発表し、秘密計算を用いた生体認証を提供

  • イスラエルのGK8が新世代MPCホットウォレットをリリース

  • CurvとAlgorandが提携し、機関投資家のデジタル資産セキュリティを促進

それでは、今週のAcompany ニュースレターをご覧ください。

サイバーセキュリティのKeylessが、Microsoft Azure ADとのパートナーシップを発表し、秘密計算を用いた生体認証を提供

現在、サイバーセキュリティのKeylessは、Microsoft Azure ADの認定ISVパートナーとなっており、マルチパーティ計算による安全な認証体験を約束しています。

この革新的なアプローチは、個人データが直接的に処理されたり保存されたりしないため、生体認証データの盗難を事実上排除します。

Keylessのユーザーはそれぞれ、すべてのデバイスやアカウントで使用される生体認のテンプレートを自身”のみ”が所持することで、悪意のある攻撃者が不正な生体認証でユーザーの情報を盗むことを防ぎます。

また、同社は2020年8月には220万ドルのシード資金を調達しており、今後の成長に期待が集まります。

https://www.biometricupdate.com/202101/keyless-brings-multi-factor-biometrics-to-microsoft-azure-ad-b2c

イスラエルのGK8が新世代MPCホットウォレットをリリース

ブロックチェーン・サイバーセキュリティ企業であるGK8は、これまでの競合他社が提供していた2~3人の共同署名者ではなく、各トランザクションに数十人の共同署名者を使用する新世代のMPCホットウォレットをリリースしたことを発表しました。

これまでは、取引をより遅くするパフォーマンスの低下を考えると、10人以上の共同署名者を持つことは現実的ではないと考えられていました。

しかし、GK8の新しいソリューションは、ネットワークのパフォーマンスに影響を与えることなく、何十人もの共同署名者を指定することを可能にします。

これにより、悪意のある攻撃者が何十台もの共同署名コンピュータに侵入することは、非現実的な作業であり、また、ユーザーのデジタル資産のほとんどは、完全にグリッドから切り離された隔離されたコールド・ボールトに保護されることとなります。

https://cryptodaily.co.uk/2021/01/GK8-releases-new-generation-MPC-hot-wallet

CurvとAlgorandが提携し、機関投資家のデジタル資産セキュリティを促進

デジタル資産セキュリティ・プラットフォームのCurvと、安全で効率的な取引を実現する世界的なブロックチェーンのAlgorandがパートナーシップを発表しました。

このパートナーシップにより、機関投資家は、Curvのマルチパーティ計算(MPC)技術を使用して、Algorandのオープンソースのプルーフオブステークネットワーク上のアプリケーションに最も安全なウォレット機能を構築することができ、Curvの顧客はALGOおよびALGOベースのASAトークンの取引および保存が可能になります。

CurvのMPCベースのインフラストラクチャは、取引に秘密鍵を必要としないことで、単一の障害点を排除しています。

同社のオフチェーン分散型アプローチは、あらゆるブロックチェーン上のデジタル資産を取引に署名し、管理するための最も安全で信頼性が高く、拡張性の高い方法を提供します。

https://www.prnewswire.com/in/news-releases/curv-and-algorand-partner-to-advance-institutional-digital-asset-security-870217580.html