Acompany ニュースレター 11/16号

Acompany ニュースレター 11/16号

こんにちは。Acompany ニュースレターを毎週配信しております、五十川です。

今週は、先週に引き続き、国内での秘密計算業界の動きがありました。最初に秘密計算スタートアップのEAGLYSとJR東日本の協業のニュースを紹介し、その後、世界的な秘密計算業界の動きを紹介していきます。

それでは、今週のAcompany ニュースレターをご覧ください。

EAGLYS、「秘密計算 ×パーソナルデータ」で新たなデータビジネス創出に向けてJR東日本と協業開始

秘密計算技術を活用したDataArmorシリーズの研究開発を行うEAGLYSが、JR東日本と協業を開始すると発表しました。

本協業で、EAGLYSはJR東日本のMaaS・Suica推進本部と協調し、秘密計算技術を用いたパーソナルデータの新たなビジネス機会の創出に取り組むこととなります。 従来のプライバシー保護の課題(加工作業コスト、データの質の低下、等)の解決や、プライバシー保護AI解析の展開も見据えているようです。

JR東日本が保有する膨大なパーソナルデータと、EAGLYSが提供する秘密計算の技術で、プライバシー保護をしながらも、データ活用による新しいビジネス創出が期待されます。

(日本語記事)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000041103.html

MPCサービスを提供する2つの企業、DuoKeyとSepiorがMicrosoft Office 365向けの暗号化(DKE)サービスを提供

MPCベースの秘密鍵管理サービスを提供するDuoKeyと、MPCベースの暗号通貨ウォレットなどを提供するSepiorがパートナーシップを結び、Microsoft Office 365向けのキー管理サービスの提供を発表しました。

このキー管理サービスは、Microsoftが提供するDKEという、重要なデータを二重キー暗号化で堅牢に保護できるサービスを拡張するものです。

Microsoftが提供するDKEは、2つのキーを使用して保護されたデータにアクセスします。2つのキーのうち、1つはMicrosoft Azure に格納され、もう1つのキーはユーザー自身が保護します。

DuoKeyとSepiorは、このユーザー自身が保護するべきキーに対して、MPCベースのキー管理サービスを提供することで、ユーザーは安全にキーを管理し、Microsoftを含めた第三者はユーザーのデータにアクセスする方法を完全に失います。

このサービスで、最も重要なOffice 365データのセキュリティを強化し、データの完全な制御を提供すると同時に、その制御を提供することをはるかに簡単・高速・低コストにすることを可能にします。

http://www.globenewswire.com/news-release/2020/11/10/2123975/0/en/DuoKey-Partners-With-Sepior-to-deliver-Double-Key-Encryption-DKE-Services-For-Microsoft-Office-365.html

MPC Allianceの会員数が、2019年に創立されて以降、一年で3倍に増加

2019年に、Sepior・Unbound Tech・ZenGoといったMPC業界を牽引する企業によって設立されたMPC Allianceの会員数が1年で3倍に増加しました。

世界的にプライバシー保護が叫ばれている中、プライバシーの保護のための技術がより一層注目を集めています。

その中でも、秘密計算は非常にユニークで革新的な技術であり、このパンデミックの最中でも、有料会員制度により運営されているMPC Allianceのメンバーが1年で3倍になった事実は、世界のMPCに対する関心とコミットメントのレベルの高さを示しています。

幅広い応用の可能性を秘めているMPCは、特に、暗号鍵管理とプライバシー保護の計算という2つの非常に重要なカテゴリーに関心が集まっています。

(※11/5のニュース)

https://www.globenewswire.com/news-release/2020/11/05/2121217/0/en/MPC-Alliance-Membership-Increases-Nearly-3X-in-First-Year.html